フォト

しんぶん赤旗

つぶやき

日本共産党

  • 共産党HPの更新
  • JCPムービー
  • JCPニュース

« 学童保育指導員の明るさに励まされた | トップページ | 梅の花がちらほらと »

2011年1月24日 (月)

意見の違いをどう受け止めるか

市民の方と対話をしていると
私たちの様々な政策に対する意見や見解を求められることがある。

とうぜん、意見や立場の異なる方もいるわけで、
ときにはかなり踏み込んだやり取りになる。

意見が一致することは案外少なく、こちらの話が通じないことも多い。

そんなときには
あまり相手を言い負かそうとしても、いいことはあまりない。

言葉を尽くしたり、いっしょうけんめい材料を提示したりしてみたところで
相手が不機嫌になるばかり、、、という場面も多く見る。

理性的に、相手に理解してもらうってのは、そう簡単にできることではない。

人と接する機会が増えるほど、そんなストレスを抱えることが多くなる。

人間の思い込みというのは
それだけ強いものだ。

それだけに、日常的に接する情報がこれだけ偏っていることに怖さを覚える。

知らないって恐ろしい。


熱くなりそうな自分を
グッとおさえて
少し大人になった一日だった。

« 学童保育指導員の明るさに励まされた | トップページ | 梅の花がちらほらと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意見の違いをどう受け止めるか:

« 学童保育指導員の明るさに励まされた | トップページ | 梅の花がちらほらと »